ミシンには、1万円以下のものから20万円を超えるものまで、さまざまな価格のものがあります。上を見たら切りがない、下を見たら性能や耐久性が心配と、判断に迷う人が多いと思います。当サイトでは、正しいミシンの選び方と、おすすめ人気ランキングを紹介しています。


ミシンおすすめ人気ランキング!
みんなが選んでいるミシンはこれ!


ランキングは口コミ・レビュー大盛況順に表示しています。

ミシンの選び方

ミシンの選び方

ミシン選びで大切なことは、使用目的と使用頻度、そして経済性です。自分はミシンで何を縫いたいのか、頻繁に使うのか、それともたまにしか使わないのか、ということをしっかり見極めて、広告やプライスに惑わされることなく、自分に適したタイプと価格のものを選びましょう。

価格の点から見れば、たまにしか使わない人にとっては、高価なミシンはまさに“宝の持ち腐れ”になってしまいますから、シンプルなビギナー向けの1万円台のミシンでも十分です。例えば、たまに穴のあいた子供の服をパッチワークで蘇らせたい、あとは裾直しをするくらいというのであれば、性能や耐久性に不安があるミシンでも、それなりに何とか使いこなして、無難に役立てることができるはずです。


ミシンでのソーイングを趣味にしたいと思っている人には、10万円以下、5万円台までの価格帯がひとつの目安になります。このレベルのミシンは、いわゆる「コンピュータミシン」が中心であり、縫い模様の選択はボタンをワンタッチするだけ、布に合わせてマイコンが糸調子や速さも自動調節してスイスイ縫うことができます。もっと高価なミシンになれば、さらに機能が充実し、より使い勝手の良い機種が揃っていますが、上級機の購入は、ソーイングの腕を磨いてミシンを見る目が確かなものになってからでも遅くはありません。また、ミシンは、2〜3年前のモデルですでに生産を終了している機種であっても、最新機種と比べて性能的に遜色のないものが少なくありません。そのような製品で、市場評価が高く、現在でも店頭・通販を問わず多数のショップで販売されているものは、意外と購入しやすく、しかも価格はお手頃です。そのような“型落ち品”も含めて、自分に合った機種を選ぶことがミシン選びの極意であり、自分のミシンの性能を知って使いこなすことがミシンソーイングの秘訣です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ